ホーム  >  中医学(東洋医学)とストレスについて

中医学(東洋医学)とストレスについて

昔から病は気からといわれます。病は心配や苦労から起きたり、気の持ちようで重くも軽くもなる意味に使われます。中国最古の医学書『黄帝内経』によると百病は気によって生ず。

中医学とストレス

怒れば気は上がり、喜べば気が緩み、悲しめば気が消え、恐れれば気が下がり、寒するときは気が縮み、熱すると気は泄らす、驚くときは気が乱れ、思うときは気が結ぶ。とあります。

喜・怒・憂・思・悲・恐・驚・・という七情が気に影響を与え、五臓六腑の障害をひきおこし諸々の病態が生じるのです。(内傷七情)中医学では、この七情を病因の一つにあげて重要視しています。

気鬱

気を発散することができなくて、気が渋滞して鬱になり、人に会いたくない、喋りたくないという状態が鬱を加速させ、部屋に閉じこもる。登校拒否、出社できなくなるケースです。

肝気鬱結

職場、学校、家庭内におけるストレスによって全身を流れる気が渋滞し、憂鬱になり落ち込んできます。肉体的には全身の筋肉が緊張して収縮するので、胸部の圧迫感、胃が収縮するので食べられない、緊張性便秘、腹痛、肩こりなどが現れます。

肝鬱化火

『気が集まると火になる』の中医学の理論により、肝気鬱結した気はやがて火に変化する。火とは精神的にイライラ怒りっぽく、のぼせ、不眠などの興奮のことで、肉体的には熱になることです。

脾心両虚

脾虚の人は物事をくよくよ思うことがあり、思えば気が結ぶといわれるように、気が停滞して憂鬱になる、食欲がない、疲れやすい、気力がでないなどの脾虚の症状のほかに、不安感、不眠なども現れます。

痰熱上擾

精神的ストレスなどによって脳の興奮性増大や自律神経の興奮にもなり、胃腸機能が失調して胃内に溜飲が生じ、イライラ、のぼせ、不眠、口が苦い、動悸、驚きやすいなどが生じます。

臓躁

情緒が錯乱して、悲しがったり、絶えず泣いたり、笑ったりする症状をいいます。心腎不交:腎陰虚、腎水の不足により心火(こころの火)が燃えさかり、イライラ、怒りっぽい、体中に熱感、のぼせ、動悸、不眠などが 現れます。

虚陽浮越

腎の陰陽平衝が失われ、陰盛格陽となり、陽が独り上に逃げ出す。陽が頭に浮かぶために、のぼせる、不眠などが現れます。上盛下虚になるので、不眠、動悸、恐怖心、性的神経衰弱の症状が現れます。

休院日

が休院日です。

院概要

かずみち推拿(すいな)施術院
住所:〒635-0832
奈良県北葛城郡広陵町馬見中2-1-1
Mapルート案内
TEL:0745-55-5859
受付時間:9:30~19:00
休院日:木曜日・第3日曜日

PageTop
MENU