ホーム  >  不妊症とは?  >  不妊症の要因

不妊症の要因

卵巣の働きやホルモン分泌に問題があって排卵が不定期に起きたり、全くない場合。月経はあっても無排卵のこともあります。ストレスが大きく影響する心因性の無排卵や過激なダイエットが影響するケースもあります。

排卵因子障害

卵巣の働きやホルモン分泌に問題があって排卵が不定期に起きたり、全くない場合や月経はあっても無排卵のこともあったりします。ストレスが大きく影響する心因性の無排卵やダイエットが影響するケースもあります。

卵管因子障害

腹膜炎の既往やクラミジア感染や子宮内膜症などにより卵管が閉鎖したり卵管が癒着しているために、卵子や精子、受精卵が卵管を通過できない場合のことを、卵管因子障害といいます。

子宮因子障害

子宮筋腫や子宮奇形などの器質的、あるいは黄体機能不全による機能的子宮内膜の異常で着床が障害される場合のことを、子宮因子障害といいます。

頸管因子障害

子宮頚管に問題があったり、排卵期に分泌される粘液に問題があり、精子が子宮の中へと進入できないことを、子宮頚管障害いいます。

男性因子

男性因子は、精子を造る機能に障害がある造精機能障害、勃起・射精に問題がある性機能障害、あるいは、精子の通り道に障害がある精路通過障害などがあります。

ホーム  >  不妊症とは?  >  不妊症の要因

基礎体温とは?

基礎体温とは、朝目を覚ましたばかりで、体を動かさない時に測る体温のことです。測った体温をグラフにつけておき、体温の変化を知るようにします。 通常、女性の基礎体温は、人によって異なりますが、月経周期が28日型の人は排卵期をさかいに、前の約14日間を低温期といいます。そして、後の14日間 を高温期といいます。

低温期は排卵から盛んに卵胞ホルモンがが分泌される時期で、高温期は黄体ホルモンの分泌が盛んになる時期です。低温期の終わりに陥落期といって、体 温が下がる時期があります。この陥落期のあと1~2日たったときで、基礎体温上では体温が上昇しはじめた日に排卵があるといわれています。人によっては、 陥落期がハッキリしないで高温期に移る人もいます。

低温期から高温期に移る時期がもっとも妊娠可能な時期になります。この時期に下腹部に痛みを感じる人もいます。基礎体温をきちんと毎日計ると役にた ちます。結婚生活に入ったら、基礎体温の測定は女性の欠かせない日課です。性周期のある女性がもっている、微妙な基礎体温の変化は、あなたのからだのメッ セージなのです。

とくに、赤ちゃんが欲しいのになかなか妊娠しないと思っているあなたには、基礎体温を測ることはきわめて重要です。病院へ相談に行く時も、検査を受けるときも、基礎体温表が大事な資料になりますので正しい計り方で毎日忘れないように心がけてください。

基礎体温の測り方

体温を測るには、同じ条件で一定の時間に測るようにしましょう。同じ条件で一定の時間としては、朝目覚めたときに測るのがベストです。しかし、絶対 同じ時間でなければと思うとストレスになる人は、あくまでも毎日測る姿勢が大切と思ってください。多少の時間のずれは大目にみましょう。

体温計は、ふつうの体温計ではなく、目盛りの細かい「婦人体温計」を使うようにします。寝る前に枕もとに婦人体温計を置いておき、朝目がさめたらす ぐに起きあがらず、そのままの状態で口の中に入れ、舌の下にはさみます。そして5分間ぐらいそのままでじっとしています。また、都合によって忘れてしまっ た場合や、睡眠時間の多少、体調の変化などを、余白に記入しておきます。

測ったらすぐに体温表に記入します。表に記入した点をつないでグラフにすると、排卵予定日を予測できるようになります。記入したあとは、体温計をもとの状態にもどしておき、明日すぐに測れるようにしておき、これを毎日続けます。

【正確な測りかた】
①目覚めたらすぐ布団の中で測る
②寝る前に枕もとに体温計を置く
③体温計に記入
④体温計をもとの状態に

【不正確な測りかた】
×起き上がる
×のびをしたり大声を出したり

基礎体温と月経サイクルの深いつながり

基礎体温表をみると、体温の高低と月経との関係がひと目でわかります。基礎体温を正確に測っていると、月経がはじまった頃から体温が低くなっているのがわかります。

月経はふつう3日から7日ぐらいでおわりますが、体温が低い時期は14日ぐらい続きます。この時期の最後の頃に排卵があり、そのときさらに体温が下がることが多いようです。

排卵のあと、今度は体温が高くなり、この時期も14日ぐらい続きます。そして、次の月経まで高温期が続き、月経がはじまるとまた低温期に入ります。こうして基礎体温をつくっていくと体温の高低と月経のサイクルの関係がはっきりわかってきます。

基礎体温の高低は目にみえるほどの変化ではなく、数字にしてみるとその差は0.5度ぐらいです。こうした細かい体温の差を測るには、やはり目盛りを細かく分けた、みやすい婦人体温計でなければ測れません。

基礎体温の高低が標準的な曲線を描いていれば、一般的には排卵が行われていることが確認されます。

不妊の原因推定の重要材料

排卵は間脳視床下部にある下垂体の指令によって、一番成熟している細胞が卵巣から月に1個だけ、受精の態勢におかれます。初潮の時にはまだ排卵はありません。また、心身ともに成熟していても、ストレスなどによって排卵が止まってしまうこともあります。

月経があるから、自分は必ず排卵していると思っている人はかなり多いようですが、排卵がなくても、卵巣からホルモンが出ていると、月経は起こります。これ を無排卵性月経といいます。基礎体温の曲線をみれば排卵があるかどうかがほぼわかり、不妊の原因をさぐりあてることもできるのです。

休院日

が休院日です。

院概要

かずみち推拿(すいな)施術院
住所:〒635-0832
奈良県北葛城郡広陵町馬見中2-1-1
Mapルート案内
TEL:0745-55-5859
受付時間:9:30~19:00
休院日:木曜日・第3日曜日

PageTop
MENU