ホーム  >  更年期障害とは?  >  若年性更年期障害

若年性更年期障害

若年性更年期障害は現代女性に増えつつあります。20代や30代に多く発生するような症状を、若年性更年期障害と呼ばれています。

病院で診察結果が問題がない場合は、ストレス、不規則な生活、激しい運動、肥満、過激なダイエット、タバコなどが、若年性更年期障害の原因になっていると考えられていて、女性ホルモンのバランスが崩れる原因となります。まず、生活習慣について見直してみてください。

若年性更年期障害の症状は
頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、肩こり、腰痛、手足の痺れや痛み、腰や手足が冷えやすい、むくみ、寝つきが悪い、眠りが浅い日が多い、汗をかきやい、動悸・息切れ、顔が火照る、不安・憂鬱、些細なことでもイライラする、怒りやすい、身体がだるいことが多く、疲れやすい・・・などがあります。

閉経後になる更年期障害と違い、何らかの原因によって引き起こされる、月経不順、無月経があります。

生活習慣の改善や推拿(すいな)療法+耳ツボ療法によって改善することが可能ですので、不快な症状で、お困りのあなた、私たちにお任せください。

自律神経のバランス、ホルモンのバランスが崩れてしまい、イライラ、怒りっぽい、のぼせ、気持ちの高ぶりを、自律神経の緊張を解きほぐしストレスを発散し、緊張を緩めることができます。

ホーム  >  更年期障害とは?  >  更年期障害と男性

更年期障害と男性

更年期障害は、女性に特有のものだと考えられてきました。しかし、男性にも心と体に女性の更年期障害と同じような症状が現れることが分かってきました。男性の更年期障害は、男性ホルモン(テストステロン)の減少が引き金となって起こります。

男性ホルモンは、性機能だけでなく、脳や筋肉の働きとも深くかかわっているため、男性ホルモンが減少すると体の不調につながります。女性よりも「長 くゆるやか」に続くのが特徴で、50歳代から多くみられるようになっています。ストレスをためやすい人に、発症しやすいと言われています。

休院日

が休院日です。

院概要

かずみち推拿(すいな)施術院
住所:〒635-0832
奈良県北葛城郡広陵町馬見中2-1-1
Mapルート案内
TEL:0745-55-5859
受付時間:9:30~19:00
休院日:木曜日・第3日曜日

PageTop
MENU